教育活動再開向けて(在校生の皆さんへ)

2020年04月3日

現在、国や県からの通知を受けて、集団感染防止のために休業しておりますが、新年度の教育活動再開向けて準備を行っているところです。教育活動再開後に学校において集団感染が発生しないよう、対策を全力で取り組む必要があります。つきましては、次の注意点をご理解の上ご協力いただきますようお願い申し上げます。4月3日(金)現時点での今後の予定です。

『今後の予定』

4月7日(火)

【新3年生】             【新2年生】

12:30登校              13:30登校

13:30頃終了予定           14:30頃終了予定

 

※対策事項(翌日以降も当面継続)

①登校前に必ず検温し、37.5度以上の生徒は登校しない。

②登下校を含め、学校内においてもマスク着用をすること。

(7日終礼時、各クラスで簡易マスク作成を行う予定。)

③HRは常に窓を開けて換気を徹底するので、防寒が必要な生徒は各自で準備すること。

④アルコール消毒、手洗いうがいは校内においてもこまめに行うこと。

 

4月8日(水)

【3年生】              【2年生】

10:00 登校・点呼・検温確認      9:50 登校・点呼・検温確認

10:00-10:45 LHR          10:00-10:45 課題考査(国)

10:55-11:10 始業式(グラウンド)   10:55-11:10 始業式(グラウンド)

11:25-11:40 対面式(グラウンド)     11:25-11:40 対面式(グラウンド)

昼休み                  昼休み

12:30-13:15 LHR          12:30-13:15 課題考査(数)

13:25-14:10 平常授業(6限)     13:25-14:10 LHR

掃除                  掃除(各クラス10名体育館片付け)

終礼                                          終礼

※放課後の部活動に関しては、顧問と相談の上、無理のない範囲で活動が再開できます。

 

4月9日(木)

【全学年】

9:20登校 HR点呼・検温確認(混雑時間帯を避け、時差登校)

9:30より1時間目をスタートし、40分授業の7時間

1限 9:30-10:10

2限 10:20-11:00

3限 11:10-11:50

4限 12:00-12:40

昼休み

5限 13:25-14:05

6限 14:15-14:55

7限 15:05-15:45

掃除 15:50-16:00

終礼

 

4月10日(金)前日と同様

以上、4月3日(金)現時点での連絡です。今後の状況変化により、急遽予定が変わる場合がありますのでClassiからの連絡に注視してください。

日程の画像1

日程の画像2

入学式の実施について

2020年04月3日

新入学の皆様へ

新型コロナウイルスの感染は拡大しており、不安の中で過ごされていると思います。しかし、入学式は一生の思い出となる重要な行事であり、何とか実施したいと考えています。現時点では、できるだけ座席の間隔を空けたり、換気を常時行ったり、規模を縮小して時間を短くするなどの感染予防の対策を行った上で実施する予定です。(開始時間はすでにお知らせの通りです)参加される方は、できるだけマスクをして参加をお願いします。当日は会場に入る前に、設置してあるアルコール消毒を徹底してくださるようにお願いします。なお、新入生および保護者の皆様におかれましては、ご自宅で検温をいただき、37.5℃以上の発熱がある場合や倦怠感等の不調を感じられる方は無理をせず、参加を差し控えるようにお願いします。

日々状況が変化しているため、今後の状況によっては、対応を見直す場合もありますのでご了承ください。引き続き、本校HPでご確認ください。

教育活動の再開に向けて

2020年04月3日

教育活動の再開に向けて

生徒の皆さんは、令和2年度の新学期が本当に再開できるのか、不安な気持ちで一杯のことと思います。私たちも同じ気持ちです。楽しいはずの学校に主役の生徒がいない寂しさと、今後のことを考えると不安しかありません。しかし、今は学校ができるかぎりのことを考え、あらゆる対応ができるように、準備をするしかないと考えています。

その一つを紹介します。

登校する際に守ってもらいたいことを2・3年生にはClassiで送信しましたので、内容を確認してください。

「登下校時や学校ではマスク着用をお願いします。」

そうは言っても、手に入らない人も多いのではないかと思いますので、学校で作成できるように今準備をしています。

ミシンを使って作成したい人のために、養護教諭と家庭科教員が試作してみました。

ミシンはちょっと・・・・という人のためには、キッチンペーパーで作ることができる簡易マスク作成の準備をしています。指導できるように、教員研修もします。マスクがない人も、学校で指導しますから、一緒に作りましょう。

学校では、消毒液を用意し、教室も換気し密室空間にならないよう、また、なるべく密集しないように行事も工夫をします。さらに、マスク装着で近距離での会話や大声での発生をできるだけ避けられるように工夫していきたいと考えています。

あまりにも制約が多すぎて楽しい学校生活とは言い難いかもしれませんが、進路を考えていくためにも、学校教育活動を許される範囲で、実施していきたいと思います。ただ、一人一人の状況は様々であると思いますので、心配事がある場合は、2・3年生はClassiや電話で連絡ください。

なお、新入生については、8日の入学式が実施できれば、学校からの連絡が迅速にできるClassiを導入する予定です。学校と双方向のツールでありますので、8日に御案内いたします。

日々状況が変化しているため、今後の状況によっては、県が対応を見直すことになれば、学校もそれに従うことになっておりますので、ご了承ください。

新学期からの集団感染防止のための協力のお願いについて

2020年04月3日

保護者 様

平素から、本校の教育活動への御理解と御協力に厚く御礼申し上げます。

新学期からの学校の再開後に、学校において集団感染が発生し、再度、臨時休業を行うことがないように、学校においても新型コロナウイルス感染症対策に全力で取り組むこととしておりますが、現在の国内の感染の状況は、未だに大規模流行につながりかねない危険な状態であることを学校、生徒、家庭等がしっかりと認識し、対策を緩めることなく引き続き全力で取り組む必要があります。

ついては、生徒の健康・安全を第一に考え、次のとおり手作りマスクの作成や新学期以降の検温の徹底等について御理解と御協力をお願いいたします。

なお、新型コロナウイルス感染症対策については、日々状況が変化しているため、今後の状況によっては対応を見直す場合があることを申し添えます。

 

岡山県立総社南高等学校

校 長  福 本 まゆみ

 

1 マスクの着用

・児童生徒の間での飛沫による感染リスクを最小限に抑えるため、児童生徒はできるだけ校内でマスクを着用するようお願いします。

・マスクは手作りでも市販のマスクでも構いません。

 

2 手作りマスクの作成

・可能な限り春休み中に、各家庭において、手作りマスクの複数枚(洗い替えができるように)の作成をお願いします。(よろしければ、岡山県のURL等を参考にしてください。)

https://www.pref.okayama.jp/page/656513.html

・ガーゼ生地などのマスクの材料については、入手が困難な状況も考えられますので、作成にあたっては、飛沫を最小限に抑えるためになるべく布目の細かい布の利用をお願いします。

 

3 毎朝の健康観察の徹底等

・朝、登校前には必ず検温し、発熱(37.5度以上)があった場合や、咳等の風邪の症状がある場合には、登校を控え自宅で様子を見るようにお願いします。

・登校時には、教職員が生徒の家庭での検温結果を確認するとともに、検温を忘れた生徒には必ず検温します。発熱(37.5度以上)があった場合や、登校後に発熱や咳等の風邪の症状が出た場合には、別室で待機し、保護者に連絡の上、帰宅することとなりますので、学校からの連絡やお迎え等に速やかに対応していただきますようお願いします。

学校再開に向けての連絡

プロジェクトC ご盛況ありがとうございました

2020年03月31日

この3月末をもちまして、
32期生へのはなむけ企画
「プロジェクトC」は終焉を迎えました。

卒業式予行の中止や卒業式の短縮など、
卒業生や保護者の皆さまに
ご覧いただくことが難しかったため、
当初よりも長期企画となりました。

卒業式当日には、卒業生が当初の予定を変更して、
2階渡り廊下を通って体育館へ入場しました。
渡り廊下を見た卒業生は、
「すげー!」「やべー!」「映え~!」などと、
とても感動してくれていました。

在校生も先輩の喜ぶ様子を嬉しくと思っているはずです。
ありがとうございました。

新年度も、ジャミ生の活動を温かく見守ってやってください。

令和元年度 3学期 校長メッセージ

2020年03月30日

  令和元年度 3学期 校長メッセージ
皆さん 元気ですか?
3学期の始業式で、「3か月後には、自分はどのようになっているか、想像できますか。」と話しました。本来ならば今日は3学期の終業式のはず。なりたい自分に近づけたかどうか振り返ってもらおうと思っていました。そして、補習を受けたり、部活をしたりという、当たり前の日常があると思っていました。
まさか学校に登校できない状況になろうとは私も想像できていませんでした。
皆さんは、終わりの見えない不安に押しつぶされそうになりながらも、よく我慢し、自制心を持って、行動してくれていることと思います。

学校としても、1日も早く今後のことを皆さんにお知らせしたいのですが、今はまだできません。皆さんと同じように、学校も、何をどうすればいいのか先が見えないもどかしさと焦りや苛立ちに押しつぶされそうです。
今晩、専門家会議が国に提案され、それを受けて、国が方針を出します。今朝のニュースでは、専門家会議で、感染確認のされていない地域では、「学校活動や屋外でのスポーツ観戦・文化施設利用などリスクが低い活動から解除してもよい」との提案が出されるようだと報道がありましたので、少し期待しているところです。その後、県の方針が決定され、最後に学校の方針を決定します。よって皆さんに、今度のことをお知らせできるのは、学校のHP又はクラッシーしかありません。今、正確な情報と正しい知識に基づく対応が重要となりますので、各自、積極的な情報収集に努めてください。

今、爆発的な感染拡大にならないように日本にいる人々が、それぞれできることを精一杯頑張っていることで、なんとか持ちこたえている状況のようです。この新型コロナウイルスという、見えざる敵とどう戦い、この困難をどう乗り越えられるか、一人ひとりが考え、それぞれが行動するしかないのが現状です。
この見えざる敵に勝つまで、努力と忍耐が必要です。私たち一人一人が、この見えざる敵に負けないように、予防を万全にするのが最善の策であろうと思います。私たちが、できる限りの努力をいたしましょう。

さて、皆さんの進路については、授業がないことで随分不安な気持ちになっていることでしょう。
各教科から課題が出されていたり、Classiで問題が配信されたりしています。真面目に取り組んでいる人もいれば、時間を持て余している人もいるようなので、心配しています。
こんなときだからこそ、自分で自分を律していかなくてはなりません。やらねばならぬことを着々としている人と行動に移せない人との差がどんどん開いているのではないかと懸念しています。時間は取り戻せません。今を大切にしてください。今しかできないことをどうすればいいのかしっかり考えてください。

そこで、皆さんに私の好きな詩を贈りたいと思います。相田みつをさんの「生きていてよかった」という詩集からです。

あのね
がんばんなくてもいいからさ 
具体的に動くことだね    みつを

この言葉のもつ意味と相田みつをさんの力強い書が、私は好きです。もう少し説明すると、これは、1986年6月(週刊ダイアモンド誌に連載されていたものを復刻再編集されたもので、次のような詩を書にしているのです。図書館にもあると思うので、ぜひ読んでみてください。

K君へ
ともかく 具体的に動くことだね。
いま、ここ、を 
具体的に動く それしかないね。
具体的に動けば、具体的な答えが出るから
自分の期待通りの答えが 出るかどうか
それは別として
具体的に動けば 必ず具体的な答えが出るよ。
そして 動くのは自分

私は頭では、わかっていることも行動に移せない甘い自分がいることを知っています。だから、いつも自問自答します。これでいいのか?と。特に仕事上でが、やるか やらないか やれなかったのか やらなかったのか。全て自分次第だぞと・・・問いかけ、考え、行動するようにしています。

皆さんも、これでいいのか?と・・・・自分自身に問いかけ、考え、とにかく具体的に行動してみてください。
何もしないのは退化していると肝に銘じ、進化していけるように、考え行動してください。

最後に、お知らせします。
昨日、来年度の入学生を決定し、本校生徒となれる240名を発表しました。
皆さんも新聞報道で知っていると思いますが、特別入試と一般入試合わせて、240人募集したところ、344名が受験してくれました。よって104名の中学生が涙を流したということになります。皆さんも1年2年前を思い出してください。
合格発表の喜びを、あの時の決意・意欲は今どうなっていますか?

これだけの中学生が、総社南に行きたいと言ってくれる学校に皆さんは在籍しているわけです。後輩たちが、がっかりしない学校にしていきましょう。
先輩としての自覚をもち、また総社南の生徒であることを、一人ひとりが誇りをもって行動してください。
それでは、皆さんが、自らの命を守る行動をし、令和2年度1学期、4月8日に全員が、元気な顔と、自分自身を律することができた自信あふれる態度を見せてくれることを期待しています。  
  令和2年3月19日 
岡山県立総社南高等学校長 福本まゆみ

*その後日決定したこと
4月7日を登校日にしました。新3年12時30分までに、新2年生13時30分までに、登校してください。当日発表されるHRに集合してください。

入学者説明会等について

2020年03月25日

26日の入学者説明会は以前お知らせしたとおりに実施いたします。2回に分けて実施しますので、参加時間帯を間違えないようにご注意ください。

もし、当日の指定の時間帯の来校が難しい場合は、できるだけ早めにお知らせください。

駐車場には余裕がありますが、1回目と2回目の間の時間帯は混雑も予想されます。駐車場係の指示にしたがって事故のないようにご注意ください。また、あまり早い時間にお越しいただくと、混雑も激しくなり、体育館での滞在時間が長くなると思われます。感染予防にもご配慮いただき、適切な時間においでください。

なお、当日は学力検査の得点の簡易開示も実施しています。受検生は受検票や合格通知などの本人確認ができるものをお持ちください。保護者の方は免許証等の身分証明証が必要となります。(入学願書に署名のない保護者の方は対象受験生の保護者であることがわかる書類が必要です)

それでは明日、お待ちしております。

本校へ入学予定の皆さんへ 入学者説明会登校時間のお願い

2020年03月20日

このことについて、連絡をしているところですが、改めて確認をさせていただきます。

特別入学者選抜等の合格者及び一般入学者選抜受験番号1092 番以前の合格者は8:30~9:00が受付時間です。

一般入学者選抜受験番号1093 番以降の合格者は10:30~11:00が受付時間です。

購入物を入れる袋(かばん)を用意して、お車でお越しください。

入学者説明会のお願い

 

 

3月11日、校長からのメッセージ

2020年03月11日

在校生の皆さんへ(校長からのメッセージ)
9年前の3月11日に起こった東日本大震災は、戦後最大の被害
をもたらしました。

皆さんは、9年前といえば、まだ小学校1・2年生でした。
あの時のことを皆さんは覚えていますか。
あれから9年経ち、高校1・2年生になり、9年後には、
25・26歳になります。

しかし、あの当時のまま時間が止まっている人も大勢
いらっしゃることに、想いを馳せてみてください。
どんな未来があったのでしょうか。
夢が一瞬のうちに消えてしまった惨事に、苦しみ耐えている
人が大勢いることを考えてみてください。

また、平成7年1月17日、兵庫県南部地震による大災害
「阪神・淡路大震災」がありました。25年前のことです
から、当然皆さんは経験をしていません。
しかし、昨年の西日本豪雨災害で多くのことを学んだ
はずです。

犠牲になられた方々の尊い命から、学んだことを、
後世に伝える責任が我々にはあると思うのです。
なぜならば、25年経っても、9年経っても、亡くなった人は
帰ってきてもらえないからです。だからこそ、私たちがどう
すれば、命を守れるのか考え、備え、伝えていかなくては
なりません。

忘れてはならない日、忘れられない日、あの日のことを
もう一度、私たちはしっかり考え、できることに取り組んで
いき、未来を創っていけるよう努力しましょう。

3月11日学校では、半旗を掲げ、弔意を表したいと思います。
14時26分に、皆さんと一緒に黙とうを捧げたいところですが
今は叶いません。
それぞれが心の中で、亡くなられた方々のために祈るとと
もに、被災者のみなさんから学んだことを、後世に伝えて
いきましょう。


2014.11.3  (街灯が津波でねじれている写真) 南相馬市での
ボランティアに参加

*紹介:「女川一中生の句 あの日から」「16歳の語り部」は
中学生の想いが込められた本です。
当時何を考え、今何を考えているか、
手に取るように理解できる本です。

私の心を掴んだ句は、
「逢いたくて でも会えなくて 逢いたくて」です。
図書館にありますのでぜひ読んでください。

令和2年3月10日

岡山県立総社南高等学校長 福本まゆみ

校長からのメッセージ(頑張ろうジャミ生)

2020年03月10日

総社南高校の1・2年生の皆さんへ

皆さん、元気ですか。
新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、
突然学校が休業となり、戸惑っている人や不安を感じている人も多いと思います。

6日の登校日の朝のClassiによる休校時健康調査
「今朝のひとことを書きましょう。
(今日の気持ち、最近気になったこと、先生に伝えたいことなど)」を見て、
みなさんの気持ちを知ることができてとても嬉しかったです。

・みんなに会えるのが楽しみ。
・めちゃめちゃやる気です。めっちゃ元気です。
・補習をしてほしいです。まだやるべき範囲の授業を受けたいです。
・長い間学校に行けないので、今日受け取った課題に真剣に取り組みたい。
・これ以上被害範囲が広がらないように願うばかりです。
・短時間ではあるが、久しぶりに学校に行き、みんなや先生方に会うことが
できるので嬉しいし、楽しみである。
・学校に行ってみんなと過ごしたい。
・ほとんど家から出ていなかったので、久しぶりの登校がちょっと楽しみです。
・家にいるばかりなので縄跳び始めました(笑)
・急にクラスが終わってしまって悲しいです。
・テストの点数が気になる。
・電車に乗りたくないです。
・数学や英語等の2年生で未履修のところがどうなるのか不安です。
・久しぶりに学校行くのに出席番号が遠くて仲良い子と会えないなぁ。
・社会で、コロナ差別が増えてきているらしいから悲しい。
・クラスの全員に会えたらよかったのに。
・みんなに会えるのが嬉しいです。
・学校に行く時のマスク着用は義務なのか、推奨なのかどうか。
・花粉症が辛い
・毎日暇です。学校に行きたーーーーーーーい

皆さんは、学校で授業を受け、友人と楽しく学校生活を過ごすという
「当たり前が当たり前ではなかった」ということを実感していることでしょう。

 80年程前、おそらくほどんどの日本人が「将来こんな日本だったらなぁ」
と望んだものが、新型コロナウイルス感染症が猛威を振るう前まで、私たちの
周りには全てありました。
 戦争中、特攻隊として亡くなった若者たちがいたことを
皆さんも知っているでしょう。

 もしも贅沢が許されるならば、本を読みたい。
 もしも贅沢が許されるならば、絵を描きたい。
 もしも贅沢が許されるならば、もう一度恋人に会いたい。

と、願いながら片道の燃料だけを積んで、飛び立った若者たちは、
どんな日本になってほしいと願っていたのでしょうか。

 私は、今この新型コロナウイルスという見えない敵を相手に、
各自がそれぞれできることを実践し、この課題を乗り切らなくては
ならないと考えるようにしています。
先人たちが夢を見た「未来の日本」に、戻れるまで、
各自ができることを頑張っていきましょう。

 学校が再開できたならば、やりたいことはたくさんありますが、
現在、まだ見通しが持てていません。学校も、何ができるか、
どうしていかなくてはならないかを一生懸命考えています。
皆さんにも考えて行動してもらいたいと思うのです。
各自が細心の注意をしながら、努力するしかない歯がゆさはありますが、
できないことを嘆くのではなく、どうすれば少しでも良い方向に向かって
いけるのか考えていきましょう。

 知らなかったことを、知る(自学・読書)、今までにできなかったことを
やってみる(誰かのための力になる・自分を高める)など、努力しましょう。
日常という贅沢が戻るまで、一人ひとりの役割を果たそうではありませんか。

 皆さんが、しっかり考えた行動は、愛する人を守ることができます。
感染拡大防止をするための行動をとることで、多くの人を守れるのです。
 19日の登校日に、一回り大きく成長した皆さんに会えることを
楽しみにしています。

追伸 
 卒業生は、国公立等の入試に向けて、今も頑張っている人が多数います。
諦めることなく、粘り強く勉強し、進路実現に向けて努力しています。
また、明日からは、高校入試です。
中学3年生の受験生も相当な不安を抱えながらも、
頑張っていることと思います。

皆さんと共に「謳歌しよう青春 きり拓こう未来 君よ輝け」の
スローガンを実践してくれる後輩が仲間となり、
先輩から受け継いだ伝統を大切に、
総社南高校の新しい歴史を創っていけるよう切に願っています。

    令和2年3月7日

岡山県立総社南高等学校 
校長 福本まゆみ

次ページへ »