校長よりご挨拶


御挨拶

総社南高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

現在、新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るい、国内の感染者数も日々増加しています。それに伴い学校も令和2年3月から1カ月以上の臨時休業となり、その後、新学期になったのも束の間、国の「緊急事態宣言」が全国に発出されるなどして、再度臨時休業となりました。今の私たちができることは、外出を自粛し、感染拡大防止に努めることです。また、この臨時休業により、学校では、生徒たちが学習に著しい遅れが生じることのないよう、指導をより一層工夫して参ります。ただ、授業、学校行事、部活動、社会貢献活動等が、いつから、どのように実施できるのか、また3年生の大学入試はどうなるのか等、全く先が見通せず、不安な気持ちは隠せません。しかし、こんなときだからこそ「ピンチはチャンス」とプラスに考え、今だからできることに挑戦して参りたいと考えています。

 

 さて、本校は、昭和61年に全県学区の全日制普通科として設立され、11,228人の卒業生は様々な分野で活躍しています。四つの類型(人文、理数、国際、美術工芸)の特色ある教育活動を通じ、校訓「誠実・創造・友愛」の精神を継承し、人格の完成を図るとともに、グローバル社会に寄与する人材の育成を目指しています。本校の特色は、自分の進路に合った類型を2年生で選択でき、探究的な学び、主体的な学び等を通して、一人ひとりの個性を最大限に伸長させ、進路実現できるところです。

 

 生徒は、現在3年生は7クラス、2・1年生は6クラスの753名が、夢を叶えるために「謳歌しよう青春 切り拓こう未来 君よ輝け」のスローガンのもと、何事にも積極的に取り組み、文武両道の伝統が継承されています。教職員は、生徒の意欲や能力を引き出せるよう、4類型を更に魅力化するとともに、新たな時代に対応する「表現」に関する研究の充実に努めて参ります。また、様々な体験活動や部活動指導を丁寧に行うことで、地域に貢献できる人材育成も目指しています。さらに、保護者、同窓生、地域の皆様の温かい支えにより、チーム総社南はワンチームで学校づくりをしています。

 

 終わりに、本校では、様々な活動に自発的に取り組む意欲のある新入生を求めています卒業時までに、素直な心で粘り強く、多様な個性を認め合い、新しい世界を切り拓く人となれるよう全力で指導して参りますので、是非一度本校にお越しくださりご覧いただけると幸いです。

 

令和2年4月22日

                                                                                              岡山県立総社南高等学校

                                                                                                 校長 福本まゆみ




▲ページのトップへ戻る