校長よりご挨拶


 

  ご挨拶

 

 

 総社南高校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

 本校は、昭和61年に5類型をもつ全県学区の全日制普通科として設立され、1万人ほどの卒業生はあらゆる分野で活躍をしています。現在類型は、人文、理数、国際、美術工芸の4つとなり、それぞれ特色ある教育活動を通じ、校訓「誠実・創造・友愛」の精神を継承し、人格の完成を図るとともに、グローバル社会に寄与する人材の育成を目指しています。

 

 本校の特色は、自分の進路に合った類型(人文、理数、国際、美術工芸)を2年生で選択でき、探究的な学び、主体的な学び、新しい大学入試に対応する学び等を通して、一人ひとりの個性を最大限に伸長させ、進路実現できるところです。

 

 生徒は、明るくパワーにあふれており、学校は笑顔と笑い声が絶えません。現在2・3年7クラス、1年6クラスの786名が、自分の夢を叶えるために「謳歌しよう青春 切り拓こう未来 君よ輝け」のスローガンのもと、勉強だけでなく人間力を高めるために、社会貢献活動にも積極的に取り組んでいます。また、部活動の加入率も高く、文武両道の伝統が継承されているので、「生徒たちは明るく、何事にも積極的に取り組み、力強く勢いのある学校」という校風が息づいています。

 

 教職員は、「思考力・判断力・表現力」や「課題に対して協働し、解決しようとする態度」を身に付けられるよう授業を工夫し、生徒の意欲や能力を更に引き出しています。また、あらゆる体験活動や部活動指導等を丁寧に行うとともに、地域に貢献できる人材の育成を目指し、多くの人と関わり合える取り組みを増やす努力をしています。さらに、保護者、同窓生、地域の皆様の温かい支えがあり、チーム総社南は一丸となって学校づくりをしています。

 

 そこで、本校では、様々な活動に自発的に取り組む意欲のある新入生を求めています。

 

 本校の3年間の魅力的な教育活動を受けることで卒業までに、素直な心で粘り強く、多様な個性を認め合い、新しい世界を切り拓く人となれるよう全力で指導してまいります。

 

 特に今年度は、4類型を更に魅力化するとともに、新たな時代に対応する教育内容を研究するため、「表現」に関する研究を推進してまいります。是非一度本校にお越しくださり、ご覧いただけると幸いです。

 

令和元年5月1日                                                        岡山県立総社南高等学校

校長 福本まゆみ

 




▲ページのトップへ戻る