ふるさと岡山“学び舎”環境整備事業


 

岡山県では、ふるさと納税制度を活用し、「母校を応援したい」「頑張っている岡山の学校に何かしてあげたい」「わが子の通う学校の教育環境の整備に役立ててほしい」という方から、学校を指定して寄附をしていただける新たな仕組みを設けました(資料1)。

本校では、「授業で使えるICT関連機器の整備プラン」(資料2)を策定し、教室に設置するパソコンや生徒が使用するタブレット端末を整備する計画で、平成29年度から令和元年度の間に800,000円の寄附をお願いしてまいりました。

おかげをもちまして、合わせて953,000円の寄附がありました。寄附をくださった方(※)には心よりお礼申し上げます。

令和2年度、プロジェクターやスクリーンを整備するとともに、生徒の席からでもタブレット端末の資料を表示できるようにし、プレゼンテーションや生徒同士のディスカッションがスムーズにできる環境を整え、授業での活用を始めました(資料3)。これらの機器の整備に要した経費は、670,780円でした。

残金につきましては、今後、新たなプランを策定し、活用させていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。

 

※    寄附をくださった方々
高橋正稔様、間裕一様、恩地晴美様
(順不同、お名前の公表に同意された方のみ掲載しています。)
 

 



▲ページのトップへ戻る